最近の記事

2011年09月23日

m2の100曲#003 R.E.M(1988)

REM突然の解散報道にかなりがっかり。一時期不振だったものの近作には素晴らしいアルバムが多かっただけに・・・今年だっていいアルバム出したばっかりじゃないか!燃え尽きちゃったのかな。

彼らとの始めての出会いは『Orange Crush』、確か佐野元春のサウンドストリート内でのオンエアだったと思う。
今でこそ、”オルタナティブ”なんて言葉で括られるも当時は、なんかゴツゴツした、80年代中期の商業ロック(別にそれが悪いわけではない)の真逆であり、反骨的な匂いでいっぱいの音楽として接してた。これを聴くと、学生の頃の焦燥感、孤独感などが思い出されてキュンとくるな・・

Green / R.E.M. (1994)

Green [CD, Import, From US] / R.E.M. (CD - 1988)
M-7. Orange Crush




ラベル:R.E.M 1988年
posted by m2 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

m2の100曲#002 Stevie Ray Vaughan(1991)

The Sky Is Crying
The Sky Is Crying [CD, Import, From US] / Stevie Ray Vaughan (CD - 2008)
M-4.Little Wing

木枯らし吹く季節にはこれが必須、「Little Wing」。
オリジナルのジミとは違って、津軽三味線の様に荒々しくも凛としてる感じが心捉えて離れません。
posted by m2 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

m2の100曲#001 ハナレグミft.清志郎(2005)

なんの脈絡も無い、ただ今日から毎日100曲紹介したくなった。
100曲の選曲もその日の気分しだい、何故かそういう気分になったんだ勘弁して。

記念する1曲は『サヨナラCOLOR』/ハナレグミ feat. 忌野清志郎

サヨナラCOLOR~映画のためのうたと音楽~ / 永積タカシ, 原田郁子, 高野寛, ミト, ...
サヨナラCOLOR~映画のためのうたと音楽~ / 永積タカシ, 原田郁子, 高野寛, ミト, 伊藤大助, 斉藤哲也, 徳澤青弦 (演奏) (CD - 2005)
M-23.サヨナラCOLOR



特別だった夏への惜別の1曲。
昨日、アマゾンから届いてた。発売当時05年には何故か買う気がしなかったのに、ずっと何年も心に引っかかってようやく購入。残念ながら新品は品切れで中古で手に入れたけど特に問題なし。
posted by m2 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

【ARABAKI11】特別な夏 8/27(土)

夏休みの宿題を片付けねば、アラバキロックフェスの記憶を少し記す。
震災の影響で夏開催となったアラバキ。終始、「開催おめでとう」の雰囲気に包まれてた。
でも会場に来れている人は、俺を含め、元々そんな大きな被害にあった人達じゃないと思うが、そんな俺らがまず元気付けて、もっと大変な人達をサポートしていければいいなと思うよ。

るんるん世界の終わり

ちょっとおじさんにはお行儀良すぎるバンドだな・・・

るんるんサンボマスター

いつにも増して気合の入っていた山口は、「アラバキを宇宙一のライブにしましょうよ!」と絶叫。何度見てもこのバンドの音楽には勇気付けられる、何かをあきらめちゃいけなんだって思えるんだ。
『I love you...』では泣きながらシャウトしてたよ、山口は。
それにしてもこのバンドは、フェスとなるとかならず午前中に登場していると思うんだけど、何かあるのかな?

1.青春協奏曲
2.世界を変えさせておくれよ
3.I love you&I need youふくしま
4.あの鐘を鳴らすのはあなた
5.その温もりに用がある
6.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
7.できっこないをやらなくちゃ

 イベント11/27 仙台CLUBJUNKBOX

るんるん
2003年以来のアラバキ登場。あの時もそうだったけど、この人達で自分でサウンドチェックするのね?本番前に『ばらの花』『さよならアメリカ』を演奏してくれた、ラッキー。
サポートメンバー3人で、そのうちホーン(トランペット)1という編成が珍しい。MCの拙さは相変わらずも(笑)演奏は抜群。

1.ハイウェイ
2.ワンダーフォーゲル
3.シャツを洗えば
4.旅の途中
5.奇跡
6.一歩(新曲)
7.ブレーメン
8.お祭りワッショイ

るんるん曽我部恵一
磐越ステージがすごく遠くて、アラバキの”フジロック化”の弊害をうけ開始時間に間に合わんかった。っていうか案内板が不親切で、他にも迷ってたお客さんいたよ。

春以来のPINKバンドでの演奏、大人です、安心して聴けます。

1.浜辺
2.なにもかもがうまくいかない日の歌
3.テレフォン・ラブ
4.青春狂走曲
5.LOVE-SICK
6.STARS

るんるん真心ブラザーズ

YO-KINGと桜井ふたりだけのアコースティックライブ。ベテランならではの面白MCを挟みつつ名曲を惜しげもなく演奏してくれました。まさか「サマーヌード」が聴けるなんて!
桜井がうたう・・では思い切り歌詞忘れてたけどね。

1.GREATADVENTUREFAMILY
2.マイバックページ
3.絵
4.うみ
5.サマーヌード
6.男桜井がうたうBABYBABYBABY
7.どか〜ん
8.空にまいあがれ

 イベント9/28 仙台darwin

るんるん斉藤和義
SOUL FLOWER UNIONが見たかったので、1曲だけのチラ見。「ずっとうそだったんだぜ」も演ったみたいね。

1.サマーデイズ

るんるんSOUL FLOWER UNION

言うことないよね、ずっと見たかったんだ。踊れ、躍れ、躍れ、歌え、歌え、歌えって感じですよ。
『フクシマから うたは自由を目指す オオオー』

1.うたは自由を目指す
2.月光ファンファーレ
3.荒地にて
4.風の市
5.満月の夕
6.神頼みより安上がり
7.海行かば山行かば踊るかばね
8.こたつ内紛争
9.うたは自由を目指す

るんるんハナレグミ

夏の終わりに『サヨナラCOLOR』を聴くと、ホント胸がキュンとなるよ。

1.音タイム
2.あいのわ
3.大安
4.家族の風景
5.People Get Ready
6.踊る人たち+ブギーバック(feat. bose)
7.Peace Tree(feat. bose)
8.日々Go Go
9.サヨナラCOLOR
10.オハナレゲエ
11.明日天気になれ
12.あいのこども(feat. 原田郁子)
EN.オアシス


セットリストはこのサイトから⇒セトリ!!!
posted by m2 at 19:48| Comment(4) | TrackBack(0) | ARABAKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。