最近の記事

2010年10月02日

今年のベストワン 癒し編

今年も10月に突入し、きっと瞬きする間に師走を迎える。

ちょっと気が早いけど、今年のベストワンを・・・。今年一番俺を癒してくれた曲、アルバム。
教授の「A Flower is not a flower」

/05
/05



記録的な猛暑の夜も、仕事が上手くいかなくてイラついた夜も、確実に爽やかな眠りに誘ってくれました。この簡単なフレーズを聴かせるものにできるっていうのが、やはり天才。

その他にもベテランのアルバムが大活躍。
るんるんAl Cooper / ホワイト・チョコレート
ホワイト・チョコレート
過去だけでなく、現在ももっと評価されていい。ボーカルも渋いです。

グッド(上向き矢印) Ray Charles / My World
My World
Paul Simon「Still crazy after all these years」
Leon Russell「A Song for you」
の様なカバー曲も、レイの曲にしか聴こえません。

グッド(上向き矢印)Dave Edmunds / Plugged in
Plugged in
永遠のロック・ロール小僧
ラベル:坂本龍一
posted by m2 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

収穫の秋

いや〜政治に口出すがらでは無いが、東シナ海の問題は醜いな。
同じアジアでこうも国民性が違うんだ・・日本人がだ捕されても、当国民はデモしたり、国旗燃やしたりしないもんな。ましてや職場の中国人を罵倒したりしない(こうやってちょっとブログで愚痴るだけだ)。
確かに平和ぼけかもしれん、でもぼけられるだけ幸せではないのか?極端に言えば、こどもが銃を持たなくてはならない国よりはましだと思うが・・・・

おっと、いかんいかん。

ここ数カ月、泉図書館でGETした音源は以下の通り。なんと素晴らしい図書館、バイヤー(と言っていいのか?)はまさに神です。ツタヤも少しは見習ってくれ!



るんるん John Scofield / PIETY STREET
PIETY STREET

るんるん Booker T / ポテト・ホール
ポテト・ホール

るんるん 鈴木慶一 / シーシック・セイラーズ登場!
シーシック・セイラーズ登場!

るんるん Antony & The Johnsons / ザ・クライング・ライト
ザ・クライング・ライト

るんるん Taj Mahal / マエストロ
マエストロ
ラベル:泉図書館
posted by m2 at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

0655⇒2355

COUNTDOWN JAPAN 10/11の第一弾アーティストが発表されて
真心ブラザーズもエントリーされてました。

真心もしばらくみてないし、CDJも一度も行った事がないので、来年はロック年越しにすっかな。


今年は、朝晩で真心のお世話になってます。

0655 朝が来た


2355 のりこえるうた
http://www.youtube.com/watch?v=oyc6asizvZU
posted by m2 at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

学園祭か!節操無さ過ぎ

批判めいた事は書くまい、と常日頃おもっている。時間や文字数の無駄とも思う。けれども、これはちょっとやりすぎなんじゃないのかな?日本の音楽シーンを心配せずにいられない、

慈善活動ではないので、枚数売ってナンボなのは百も承知しているが、油が乗っている時期にこのカバーアルバムはどうなの?あんたらがオリジナルで勝負しなくて、誰がするんですか?といいたい。しかもカバーネタが、超有名曲ばっかじゃん。

まるでどっかの学園祭で行われる軽音楽部のライブの様で、まるで節操ないね。レーベルも、アーティストも、ファンもよく考えた方がよい。無邪気なのにも程があるのではないか?

るんるんコブクロ/ALL COVERS BEST(完全生産限定盤B)(オリジナルピック付)
ALL COVERS BEST(完全生産限定盤B)(オリジナルピック付)
デレク&ドミノス、ギルバート・オサリバン、スティービー・ワンダー、シェリル・クロウ、BBキング。
ユーミン、ボウイ、浜田省吾、尾崎豊。

るんるんSuperfly/Wildflower & Cover Songs;Complete Best 'TRACK 3'(初回限定盤)
Wildflower & Cover Songs;Complete Best 'TRACK 3'(初回限定盤)
ストーンズ、ニール・ヤング、イーグルス、ジャクソン・ブラウン、アレサ・フランクリン、ジャニス・ジョプリン。

じゃあ、こいつらはどうなんだ?と言われそうな2組をあげておく。
音を聴いたらわかるでしょう。

るんるんJimi Hendrix/Live at Monterey
Live at Monterey
※上記ジャケと以下のラインナップは関係ありません。
間違いなくエレクトリックロックの父だと思う、ジミ。ライバル達(クリーム、ディラン、ビートルズ)のヒット曲をためらいなく演奏しまくってた。この頃は肌の白黒を問わず、一流ミュージシャンが才能のギブ&テイクを頻繁に行っていた時期。クオリティも問題なし。

るんるんGuns&Roses/Greatest Hits (Dig)
Greatest Hits (Dig)
先人達(ディラン、ストーンズ、ウィングス)のヒット曲を自身のヒット曲として昇華していった、モンスターバンド。これは目先のマネー目当てでは無い、ある意味本物のアクセル・ローズの”無邪気”だ。
posted by m2 at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

残り4日だから急げ!!

海の向こうでは、サッカーW杯も決勝トーナメントに突入し、クラプトンがクロスロード・フェスを開催と熱くなっておりますが、これも”熱い”聞きのがすな!!

スティーブ・ウィンウッドの熱烈ファンであるshigeさんのブログで紹介されているBBCライブ音源が素晴らしい、絶対聴かんといかん。
公開期間が残り4日となっております、急げーーー!夏だよ。
posted by m2 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

Make You Feel My Love

いよいよサッカーW杯も開幕し、寝不足な1ヶ月が始まる。
それぞれに戦術や采配や精神論や民族性や運命を語る、至福のときだ。

そんな中、初夏を迎える日本にいるm2の頭の中は、ここ数日の曲がヘビロテ状態。
るんるん『Make You Feel My Love』
97年にビリー・ジョエルのカバー版が初お目見えだったこの曲のは、ボブ・ディランの作詞作曲。ディランにしては、とてもシンプルな単語や言い回しが印象的。この曲を聴くと夏の夜、しかも漆黒の闇が訪れた2時ぐらいに身をゆだねている気分になる。そして何故かとても切なくなる。

When the rain is blowing in your face
And the whole world is on your case
I could offer you a warm embrace
To make you feel my love

When evening shadows and the stars appear
And there is no one there to dry your tears
I could hold you for a million years
To make you feel my love

I know you haven't mad your mind up yet
But I would never do you wrong
I've known it from the moment that we met
No doubt in my mind where you belong

I'd go hungry, I'd go black and blue
I'd go crawling down the avenue
There's nothing that I wouldn't do
To make you feel my love



歌い上げず、淡々つぶやく様なディランのバージョンが一番いいのだけれど、YouTubeで見つけられなかった(残念)。
今回検索してみてわかったけど、この曲色んな人がカバーしてんのね。アデルもカバーしてたのは知ってたけど。ここまで同業に人気の曲だとは思ってなかった。
ざっと列挙すると
アデル、ブライアン・フェリー、ジョン・オズボーン、ケリー・クラクソン、ガース・ブルックス、トリーシャ・イヤーウッド etc
もっといるかも。






posted by m2 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

いよいよ6月、W杯モード

カレンダーも6月に切り替わるともう直ぐW杯。ちょっと興奮してきたな。普段サッカーネタは極力載せない様にしてますが、4年に1度のこの季節だけは、戯言載せますがお許しを。

度重なる体たらくで、行き場を失った感の岡田JAPANは何でも4−1−4−1の新フォーメーションだとか。正直、フォーメーション変え様がメンバー変えようが勝てる雰囲気ゼロなんだよな。もう本当に失うもの無くなった。

マスコミ報道によれば、4−−4−1のアンカーの部分は阿部勇樹らしい。そもそも阿部をDFで使ったり、FK蹴らせなかったりどうなってんの?ジェフに居た頃は”アベッカム”の異名をとるFKの名手だったのにだ。展開力あり、ボール奪取力ありの阿部をこの位置で使えば、ピルロにもなる??



もう一言、トップは森本にしてくれ、でも本当は前田遼一(メンバー落選)がよかったよー。このフォーメーションならサイドアタッカーは石川直(メンバー落選)だろ!やっぱ。左には家長(選考外)を入れたいぞ!ろくなサイドアタッカーとCFがいないのにこの布陣機能すんのかな?(いない選手の名前並べても虚しいけど)

posted by m2 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

iTunesに走っちゃいました。

極力CDで音楽を揃えたいと考えてましたが、今年はiTunes(ダウンロード)に走る傾向に拍車が掛かってます。
何故か!(坊やだからさ)・・ではなくて、今回再発されたストーンズの『Exile on Main Street』デラックスエディションの例で言うと、

オリジナル18曲+未発表曲・テイク11曲=3800円

この場合、既にオリジナルを持っている人間に選択が迫られる訳だが、オイラは純粋に未発表曲だけほしかったので6曲だけiTunesからダウンロードして900円で済ませた。要するにお金を掛けたくなかっただけなのよ、いい大人なのに。
だってこのパターン結構多いので、個別ダウンロードはありがたいよホント。

るんるんThe Rolling Stones / メイン・ストリートのならず者<デラックス・エディション>
メイン・ストリートのならず者<デラックス・エディション>

同じ要領でこちらのディスク2もGET
るんるん RadioHead / イン・レインボウズ(2枚組)
イン・レインボウズ(2枚組)

posted by m2 at 14:09| Comment(3) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

ダサジャケ

ここ数十年の記憶でも屈指のダサいジャケットといえば殿下。
あまりにも無機質、殿下特有の”滑り”はどこへ?
本国では新聞の付録として無料配布されたものだけに、手を抜けれた感もあるかもしれないけどね。

るんるんPrince /LotusFlow3r
LotusFlow3r

日本勢ではオザケンのファースト。発売当初は『犬は吠えるがキャラバンは進む』というタイトルで楽しげなジャケットだったのに、何でも本人がこのアルバムの存在を否定したいらしく、再発時にはなんともそっけないタイトルとジャケに・・。とても素晴らしいアルバムなんだけどな・・・。
るんるん小沢健二 / dogs
dogs


音楽配信が主流になるといっても、やはりジャケット(イメージ)の存在は必須な筈。まだまだこだわっていたいよね。
ラベル:Prince
posted by m2 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

ゆけ!Root66

世の中色々あるけど、同世代、いや同じ66年生まれが健闘していると勇気が出てくる。
この中でも和義(男同士で”せっちゃん”と呼ぶ事にどうしても抵抗を感じる)の人気上昇はどうしちゃったんでしょうか?CMに、映画に、テレビにとちょっと気味が悪いくらい。

るんるんエレファントカシマシ / 幸せよ、この指にとまれ(初回盤)(ボーナスCD+DVD付)
幸せよ、この指にとまれ(初回盤)(ボーナスCD+DVD付)

るんるんスガシカオ / サヨナラホームラン(初回生産限定盤)(DVD付)
サヨナラホームラン(初回生産限定盤)(DVD付)

るんるん斉藤和義 / ずっと好きだった(初回限定盤)
ずっと好きだった(初回限定盤)

posted by m2 at 20:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

【FUJIROCK10】いくならここだろ 7/31(土)

るんるんFUJI ROCK FEST.10 7/31(土)

金曜はまず無理っていうのもあるけど、m2の守備範囲としても土曜日だなやっぱり。8/1(日)トム・ヨークの新バンド、アトムズ・フォー・ピースとドノヴァン・フランケンレイターにはかなり後ろ髪惹かれてはいるんですけどね。

デレク、クーラシェイカーが◎、被らなければMGMT、ジョン・バトラーが○、ジョン・フォガティー▲(競馬か!)
アラフォーなのに、ロキシーはそんなでもないんです・・・△くらい。

ROXY MUSIC
JOHN FOGERTY
22-20s
BOYS NOIZE
ザ・クロマニヨンズ
DEREK TRUCKS & SUSAN TEDESCHI BAND
DETROIT SOCIAL CLUB
DEXPISTOLS & ROC TRAX CREW
怒髪天
EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX
EMELINE MICHEL
FLOGGING MOLLY
HAWAIIAN6
JAMIE CULLUM
JOHN BUTLER TRIO
KITTY DAISY&LEWIS
KULA SHAKER
LA RUDA
MARINES BIG BAND
MGMT
MORIARTY
MYLO(DJ SET)
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
PARACHUTE
RIVA STARR
STRAIGHTENER
THEATRE BROOK
豊田勇造&YUZOBAND
TRICERATOPS
TROMBONE SHORTY&ORLEANS AVENUE
ラベル:フジロック
posted by m2 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

拝啓、Dylan様

拝啓Dylan様、折角の来日にいけなくて申し訳ありません。もう10年近くご無沙汰していると思います。健康に気をつけて、また来年もきて頂けますでしょうか?・・・・


何となく始めたTwitterも、PCの前に座れる時間が取れない身にとっては、意外と便利機能なことを実感中。まだイマイチ操作方法が解らんけどね。(例えば、前のコメント付きで返信する方法とか・・・)

ちょっとし疑問として、大量にフォローしてる方ってどうなってるんだろう??何十人ものつぶやきが流れ込んでくるんだよね・・大変じゃないのかな?自分はせいぜい5人が限界だと思うわ。

ラベル:BOB DYLAN
posted by m2 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

つぶやいてる様なもんだから

今、流行のtwitterでも始めてみようかな?とも考えたけど、どうせ更新頻度も上げられないし、もともとつぶやいてる様なブログだから、似たようなのいらんと思ってやめた。

水曜日に記録的な大雪に見舞われもしたが、この暖かい陽気とベガルタの連勝熱で、結構溶けてなくなった。もうすぐ春やね、今年の花粉症も始まりました。かなり辛い、春眠したいっす。

金曜日に一番町に行ったらアップル・ストアに人だかり、店内を覗き込むと怒髪天の増子兄貴がなんかトークショーみたいなのやってたので、これはラッキーとばかりに店内に入ろうろしたら、店員に制止されましたよ。なにか必要だったみたい、ケチ!こんな疲れたサラリーマンの為に怒髪天はあるんじゃないの!?

今、m2的に一番熱いandymoriのライブが本日仙台MACANAであるらしい!情報遅っ!当然ながら前売りはSOLDOUT、当日券って手に入るのかな?小沢健二『Life』、奥田民生『股旅』、くるり『図鑑』を聴いた時の様な衝撃、かなりはまってます。
このバンド名から全くもって音楽性を想像できなかったので、今まで疎遠だったのが悔しい。

ラベル:andymori 怒髪天
posted by m2 at 11:53| Comment(7) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

お手数ですが・・

迷惑コメントが絶えないので、コメント入力時に認証コードを入れて貰うことにしました。面倒ですけど宜しくお願いします。
(こまめに削除するのも大変なもんですから。)

オザケンに続き、川本真琴も復活するぞ!何でも9年振りのアルバム発売だって。今年は刹那系の復活年になりそう。あとは岡本(靖幸)ちゃんが事件さえ起こさなきゃ良かったんだけど・・



ラベル:川本真琴
posted by m2 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

王子様復活!子猫ちゃんたちは集まるか?

なんと小沢健二が復活するそうじゃないか?これはかなりのニュースだな。
なんでも当時のツアーメンバーを集めた上で、全国ツアーに出るそう。
かつてのラブリーな王子は十数年経って、どんなステージ見せるのだろうか?あんな風に弾けるのかな?(恐いもの見たさ)

【ひふみよ 小沢健二 コンサートツアー 二零一零年 五月六月 日程】
5月20日(木) 神奈川県民ホール
5月21日(金) 仙台イズミティ21
5月24日(月) 中野サンプラザホール
5月25日(火) 中野サンプラザホール
6月02日(水) 札幌市民文化ホール
6月04日(金) 中京大学文化市民会館 オーロラホール
6月06日(日) 神戸国際会館
6月07日(月) 広島厚生年金会館
6月15日(火) 新潟県民会館
6月17日(木) はまホール(旧浜松市民会館)
6月22日(火) 京都会館 第一ホール
6月23日(水) サンポートホール高松
6月25日(金) 福岡サンパレス
ラベル:小沢健二
posted by m2 at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

CD買初め2010

しばらくブログ放置プレーしてました。きっとこれからも放置する期間長いと思う。すいません。


2010年のCD買初めは、くるりとユーミンの「シャツを洗えば」になっちゃいました。


CDショップのみならず、書店、コンビニでも販売という新たなビジネスモデルを提示したくるり。矢野顕子、小田和正ときて、ユーミンまでもコラボしたがるポップの真髄がここにある。
ちなみにamazonで検索したら「和書」カテゴリでヒットした。
るんるんシャツを洗えば くるりとユーミン (CD)
シャツを洗えば くるりとユーミン (CD)

あとは買い損ねてたトム・ペティのライブ・ベスト物も買わんとな。
CD4枚組みなのに(輸入盤で)4千円弱という超特価。ビートルズやニール先生のン万円攻撃について行けなかった貧乏人にとっては、嬉しい価格だ。
るんるんTom Petty / The Live Anthology
The Live Anthology

posted by m2 at 16:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

sunrise 2010

今年はサッカー・ワールドカップ・イヤー(華麗かつ力強いスペイン頑張れ!)なので、ついに我が家もアナログTVに別れを告げるときがきました。変身しましたよ”地デジ化”です。あとはブルーレイだけだな。

そして唐突に、2010年の1曲目はこれに決めました!

るんるんSunrise


暗い雰囲気を吹き飛ばす為に、80年代の息吹を!
オリジナルのスペクトラム・バージョンだとやっぱり”ぬるい”(失礼!)のでここはスタン・ハンセンのインストバージョンでしょう!サザンロック・テイストのイントロを聴いただけで鳥肌立ちますね。
posted by m2 at 18:36| Comment(5) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も宜しく

明けましておめでとうございます。
今年も良い音楽を求める旅を続けたいと考えていますが、更新回数は激減すると思います。見捨てずに宜しくお願いします。

巷では初売りで盛り上がっておりますが、自分がほしいものってあまり無く、争奪戦の喧騒とは無関係な位置にいると思っています。
タワレコやHMVも、初売りしてくれればいいのに・・。
そうだな、1万円福袋の中身は「ディランのジャパンツアーチケット」に「最新クリスマスアルバム」を付けて、30セットでどうだ!

他にオアシスのCDを纏めて1万円、100セット。
ヘキサゴンファミリーのCD、DVD総まとめで5千円、1000セット(買わないけどな)なんてのも。
posted by m2 at 13:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

【Grammy2010】ノミネート発表



仕事に明け暮れている間に、ベガルタ仙台はJ2で見事に優勝を決め、天皇杯の元旦決戦の可能性まで残している。素晴らしい。
(プチ自慢、手倉森監督と高校時代に試合したことありサッカー

雪が積もり世界は冷蔵庫の様で、温暖化の急速な進捗を忘れ去りそうなくらい。

ジョン・フルシアンテは二度目のレッチリ脱退を表明し、きっともう元には戻らないのだろう。『カリフォルニケイション』以降の素晴らしいアルバムの数々をありがとう。

で、本題
先日グラミー2010のノミネートが発表されました。
日本における洋楽シーンの取り扱いからすれば、ここに登場したアーティスト達はビヨンセを除くと世間の認知度は皆無に近いんだろうな、と思うと寂しい限り。わが国における2009年洋楽シーンはマイケルとアバで決まりでしょう。

Kings Of Leonの躍進に賞賛と、〈Best New Artist〉にMGMTが入るのにビックリ。

ぴかぴか(新しい)〈Record Of The Year〉
Beyonce“Halo”
The Black Eyed Peas“I Gotta Feeling”
Kings Of Leon“Use Somebody”
Lady Gaga“Poker Face”
Taylor Swift“You Belong With Me”

ぴかぴか(新しい)〈Album Of The Year〉
Beyonce『I Am... Sasha Fierce』
The Black Eyed Peas『The E.N.D.』
Lady Gaga『The Fame』
Dave Matthews Band『Big Whiskey And The Groogrux King』
Taylor Swift『Fearless』

ぴかぴか(新しい)〈Song Of The Year〉
Lady Gaga“Poker Face”
Maxwell“Pretty Wings”
Beyonce“Single Ladies (Put A Ring On It)”
Kings Of Leon“Use Somebody”
You Belong With Me“Taylor Swift”

ぴかぴか(新しい)〈Best New Artist〉
Zac Brown Band
Keri Hilson
MGMT
Silversun Pickups
The Ting Tings

posted by m2 at 17:24| Comment(3) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

JTとCK⇒伝説

ecwhさんのサイトに言ってびっくらこいたよ、

ジェイムズ・テイラーとキャロル・キングが一緒に来日するってよ。

すぐさまUDOに行ってみたけど、そんな素振りなし。まだ未発表な情報らしいけど、色んな方のブログに載っているから確かなんだろう。

「Troubadour Reunion」 ワールド・ツアー
4月14日(水): 日本武道館 – 東京 (日本)
4月16日(金): 日本武道館 – 東京 (日本)

平日か・・・武道館か・・・仕事の調整とチケットの争奪に苦心しそうだな。一般的にキャロル・キングの方が先にクレジットされてるみたいだけど、キャロルは最近何度も来日しているけど、ジェイムズは久しぶりだから、やっぱりそっちに目が行っちゃうな。ジェントリーな歌声を生で聴いて「You've got a friend」を合唱したいでしょ、ベタでも。

敢えて晩年の映像。




posted by m2 at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。