最近の記事

2011年06月18日

Steve & Steve

Steve Cropperの新アルバムでWinwoodとの共演情報をshigeさんのサイトで知り、早速検索。

そうか・・以外にも初ソロなのね。70年代テイストぷんぷんの好盤ですな。
CropperのTwitterをチェックしたら、フォローしているユーザの中にJohn Oatesを発見。どんな繋がりなんだろ?

posted by m2 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

祝EC&SW来日

これも1週間前のネタ、遅れたのは決してAKBの総選挙に夢中になってたせいではありません!

イベント黒澤楽器店 MARTIN GUITAR Presents エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド JAPAN TOUR 2011

□11月17日(木) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
□11月19日(土) 横浜アリーナ
□11月21日(月)・22(火) 大阪城ホール
□11月24日(木) マリンメッセ福岡
□11月26日(土) 広島グリーンアリーナ
□11月28日(月) いしかわ総合スポーツセンター
□11月30日(水) 日本ガイシホール
□12月2日(金)・3日(土)・6日(火)・7日(水) 日本武道館

奇跡ですよ、奇跡。WinWoodが来日するなんて・・2003年フジロック以来(この時はテレビでみた)の来日が実現。今回の様な長期滞在だとそれぞれの単独公演も実現しそう!
ああ・・俺の様な出張組は資金と時間が限られてるからキツいけども。復興支援に東北にも来てちょ。

俺は12/3(土)武道館を無事(結構楽勝で)GET!、ニール先生以来の8年振り武道館にも身体震える。やっぱ昭和世代には武道館は特別な箱なのだ。でも北海道、金沢もそそられる。。。。



posted by m2 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

エレカシ ”@仙台rensa 6/3

イベントエレファントカシマシ CONCERT TOUR 2011 “悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜”@仙台rensa 6/3(金)

一週間も前のネタで恐縮です。twitterの手軽さ、ツイート数増加に押し出される様にブログ更新数は激減中。反省、ブログはブログのよさがあるからな・・。

仙台市一番町に今年オープンしたrensa=連鎖、初参戦である。会社から歩いて五分、どうだいいだろ!
ホールはビルの7Fにあるからか、入場待ちの列は1階のアーケイド街に並ばされてた。「宮城エレクトロン東京」列と「RENSA」列があったのは、震災で場所をRENSAに変更した影響みたい。指定席からスタンディングになった方はちょっと不満かもね、俺は当日券参戦だったから関係ないけど。
(最近の仙台ライブ事情は不況なんだな、大抵は当日券がある)

当日はUstでオンエアという情報も入ってきてたので、かなり期待感も高まってたんですが、開場後もなかなか入場できなくて少しイライラ。20人くらいずつエレベータで入場だったので、エライ効率悪くてね。開演が15分遅れたのは俺を含む最後の客が入場できるまで”待ち”だったからですよ、Ustで待ってたみなさん、ごめんなさい。悪いのは全て、主催者(どうみてもチンピラだった)の仕切りが悪かったからです。


肝心のエレカシのできは良かったですよ、さすがにもう20年選手、悪かろう筈がありません。
バンドはサポート2名含めて6人。これは、くるりにも言えることだけど、バンドメンバーが成熟してくると、当初はストロングポイントだった筈のフロントマンのボーカルとかソングライティングが多少足を引っ張る傾向もあり、当人達の試行錯誤も結構大変なんだと思う。でもその苦悩の先にはきっと新しい名曲が待っている筈! 俺は見届けます。

選曲は最新アルバム1曲目の『Moonlight Magic』から。俺らは客電が落ちてから入れられたので、この曲の時は、ベストポジションを確保できず。ちょっとライティングが明るくなった2曲目の時にガガガーーーと前方へ進出。ゴメン、当日券のくせに。
もう5曲目くらいで『悲しみの果てに』が披露され、あくまでも新譜中心のライブなのよ、っていうのが強調された中で、ステージは進む。Ustオンエアっていうのもあって多少気負ってた感もある宮本、敢えてMCでは震災に触れない様にも感じられ、そこに歯がゆさがあったんじゃないかな、と察する。『カストロンジャー』の様な体制批判の急先鋒ともとれる曲は封印、意図は不明、俺はやってほしかった。

悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 [CD+DVD, Limited Edition] / エレファントカシマシ (CD - 2010)



posted by m2 at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

All

桑田復活を受けて、この記事をどうしても書きたくなった。

桑田佳祐
佐野元春

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 03月号 [雑誌] [雑誌] / ミュージックマガジン (刊)MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2011年 02月号 [雑誌] [雑誌] / ミュージックマガジン (刊)月と専制君主(CD+DVD) [CD+DVD, Limited Edition, Original recording] / 2011/01/26 (作曲); 2010/11/25 (指揮); 3500 (演奏) (CD - 2011)MUSICMAN(通常盤) / 桑田佳祐 (CD - 2011)


posted by m2 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

えっディランが今年も日本公演やるの?

4月以降のアジアツアーで、日本にも来るんだと!
去年行けなかった雪辱を晴らせるか!!

posted by m2 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

なんだこの組み合わせ!!

あまりにびっくりして、思わず連続投稿しちゃったよ。

Union
Union

なんですかこの奇跡のコラボは。エルトン・ジョン+レオン・ラッセル。
長生きはしてみるもんだな。しかもプロデューサーは最近の名盤には必ず名が上がるT・ボーン・バーネット、ゲストボーカルにニール先生も(ここからブリッジスクールに繋がったのかな)!
ジャケットも素晴らしくて、なんか目が潤んできたよ。
日本のアーテイストも適当なカバーアルバムじゃなくて、もっと気が効いたのだしてほしいよな”やもり(矢野顕子+森山良子”みたいにさ。


posted by m2 at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

発売延期では??

このメールを受け取ったのは9/26だ

HMV ONLINEをご利用いただきありがとうございます。

========発売延期商品=========
【ご注文番号】
【商品番号】
【Artist】Neil Young
【Title】Le Noise

ご予約頂いております上記商品は、「発売日延期未定」との通達を受けておりま
す。
発売日が決定致しましたら、改めてサイト上でご案内致します。


俺は迷わずキャンセルしたさ、だって同時発送にしてたクラプトンの新作まで聴けなくなってまうやろ?
しかし、昨日twitterのTL上には『新作GETしました!』的なコメントがわんさか・・・・
俺、判断早すぎたの?? ちなみにHMVから謝罪のメールはまだ届いてません。

Le Noise
Le Noise



話題変わるが、「クラプトン」のボーナストラック『I Was Fooled』はiTunesならGETできますぜ。

Clapton
Clapton
posted by m2 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

若かりしQPちゃん

るんるん フィル・コリンズ / ゴーイング・バック
ゴーイング・バック

キューピーちゃんの新アルバムは、モータウンサウンド・カバーアルバムらしい。デキはともかく企画自体は凡百の域を出ないが、このジャケットが気になる!

なんと愛くるしい、もしこんな子が現代にいたら、ハリー・ポッターで何かの役がついてもおかしくないぞ。

今回は「恋はあせらず(バージョン2010)」みたいのは無いらしい。
てっきりやるだろうと思ってたんだが。
posted by m2 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

BOSSの咆哮

梅雨が鬱陶しいですが、今日はサッカーW杯の決勝。すっきりスペインに勝利してほしいものだ。
長い様で短い1ヶ月だったな・・・祭りが終わるときは、やはりなんだか寂しい。


そんなじめじめした天気やら、おセンチな気分やらを吹き飛ばしてくれそうな1枚
09年のHard Rock CallingからBOSS気合のライブ。何よりジャケがまたカッコいい!
ロンドン・コーリング:ライヴ・イン・ハイド・パーク [DVD]
ロンドン・コーリング:ライヴ・イン・ハイド・パーク [DVD]
posted by m2 at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

ちょっとアホっぽいのがいいのかな?

アラバキ2daysは、GW期間中だったことでなんとか死守できたものの、ディラン、JT&CK、ジョン・メイヤーはやっぱ行けんよ。毎日睡眠時間4時間だもの(愚痴)。

特に、旬なアーティストを逃したときの悔しさは一入なのよね、ジョン・メイヤーの前回来日は06年だったかな?あの時の衝撃がやっぱ忘れられない、日本では人気爆発してないので結構小さい箱でやってくれるから、かぶり付きで見れるし。

で、業界きっての”おっぱい星人”に成長したイケメン君ですが、どこかアホっぽく見える時があるよね、これが女性心をくすぐるのでしょうか?
↓裸+刺青+マッチョ=レッチリか!状態のイケメン。


↓しっとりした雰囲気も忘れないイケメン。グラミー常連にも受けがいいわけだ。それにしてもトム・ペティの曲、名曲だね。


↓ギター・レッスンしてくれるイケメン。・・でも弾けません。この人、当然ギターテクはスペシャル級ですが、指弾きなのが尊敬度を100倍にするんだよな。”ジェントリー”な音だし。
posted by m2 at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

やっときたトム・ペティ

るんるん Tom Petty & The HeartBreakers / Tom Petty and the Heartbreakers Live Anthology
Tom Petty and the Heartbreakers Live Anthology

HMVのオンライン販売で購入したトム・ペティのライブアンソロジー盤がようやく到着しました。色々リサーチして、HMVの”マルチバイ”30%割引きで購入するのが一番安いという結果なんだけど。この”マルチバイ方式”は3枚以上購入すれば割引してくれるというルールになっているので、他にニール先生の「ハーヴェスト・ムーン」ライブ盤と今一番熱いグラミーノミネーツ2010(ミーハー!)を抱き合わせで購入。グラミーの発売日の遅さに引き摺られて今頃一緒に届いたって訳。

実はトム・ペティの音源って全然持ってなかったので集大成ライブはいい機会になった。スペシャルゲストとの飛び入り!なんてサプライズ音源は無いみたいだけど、骸骨君の歌だけでも十分楽しめる。

中身は↓CD4枚と”薄い”ブックレット

tom_petty.JPG

この写真、iPhoneで撮ったんだけど、フラッシュも無いしカメラ機能はちょっと不満。アプリでなんとかカバーできるのだろうか?
しかし最近の携帯事情は、CD4枚分の収録なんて問題ない訳で、本当に感無量です。80年代にBOSSがライブLP5枚組み出した時には、カセットテープへの録音が4、5本になって、持ち運びとかも大変だったよ。

posted by m2 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

【John Mayer】ケルトナーVSジョーダン

なんか台風が接近してるという事で、外はすごい風だし雨だし、明日会社行くのヤダな・・・

そんな私に朗報、なんとジョン・メイヤーの新譜が発売されるんですね!ここ数年では一番のお気に入りアーティストです。

新曲聴けないかと思いYouTubeを検索したら、オフィシャルサイトっぽいのがあるじゃん(お前本当にファンか?)
レコーディング風景なのか、はたまたお遊びなのか判らんが、豪華ドラマー対決!どんなアルバムなんだろ・・11月が楽しみじゃ

ジム・ケルトナーVSスティーブ・ジョーダン


楽器なしで異常に盛り上がるジョンとスティーブ。真のミュージシャンはこうじゃないとね黒ハート



このジョン・メイヤー、顔がジェームズ・ディーンぽいとうか、マット・ディロンぽいというか・・ようするにイケメンなのね。
るんるんHalf Of My Heart


おまけにもう一丁!マイケル追悼公演でのジョン。決まってるわ。
posted by m2 at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

【The Beatles】好調なリマスター盤

ビートルズのリマスター盤発売をきっかけに、音楽業界の動きも活気を帯びている様だ。様々な解説本、特集番組、そして当のCDの売れ行きも好調。
マイケルの死の時もそうだった様に、長らく洋楽として”共通言語”が無かった事も背景にあると想像する。だってここ数十年の洋楽で、世間で話題にできるとすれば、マドンナとビヨンセくらいでしょ?

「ビートルズ」、圧倒的な存在感とは反比例する様に活動期間はそんなに長くない。しかし、たった4〜5年間の活動で産み落とされた音楽を、全曲聴いた事がないんですよね。これを機に、全曲聴いた上で、「m2が選ぶ ビートルズソング・ベスト10」を数週間後に発表したいと思う(えっ!誰もそんなの期待してない?いいじゃん別に)。
40数回目の夏の終わりに、やり忘れた宿題の様に、ベタな発想が頭を巡ってしまったのだ。ビートルズの曲に順番付けるのって至難の業よ、きっと。自分でも何が1位になるのかわからんもの(ホント)。

CDAbbey Road
Abbey Road
HMVでは国内盤を買うとジャケと同じ写真の缶バッチが付いてきます(よそはわかりません)。

本ザ・ビートルズ・CDガイド レコード・コレクターズ2009年10月号増刊
ザ・ビートルズ・CDガイド レコード・コレクターズ2009年10月号増刊

初秋は、こんなのが聴きたくなる。秋の空は青くて高い。
タグ:ビートルズ
posted by m2 at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

ノエル脱退声明



飽くなき兄弟喧嘩を繰り広げていたギャラガー兄弟が、遂にノエルの脱退声明で、「オアシス」に終焉をもたらそうとしている。
仮に名義的にオアシスというバンドが残ったにしてもノエル(またはリアム)がいないオアシスってありえるのか?

余りにも惜しい、いくつもの喧嘩騒動、暴漢騒動も含めて近年もっとも”ロック”だったバンドを終わらせるなんて・・・。「またお騒がせだったね」って結果でちゃんちゃんと終わっても笑って許してあげますよ。

タグ:オアシス
posted by m2 at 17:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

Udoレジェンドシリーズ第4弾

UDOがいい気になっている。”レジェンドシリーズ”(すんません勝手に命名)第4弾がライ・クーダーVSニック・ロウ。

第1弾 エリック・クラプトンVSジェフ・ベック
第2弾 サイモン&ガーファンクル再結成
第3弾 ドゥービー・ブラザーズ VS デレク・トラックス・バンド

何でも、リトル・ヴィレッジ以来17振りの競演なんだとか。思い出すな〜歴史的”迷”バンドですよね。記憶では、自他共に認める名スーパーバンドだったトラヴェリング・ウィルベリーズの勢いに刺激されてた結成され、名バンドとして歴史に名を刻む筈だったが、前評判だけでアルバムは売れずじまい。
上記2名の他にジョン・ハイアット(Vo)とジム・ケルトナー(Dr)ですからね、期待するなっていう方が無理でしたが・・・・期待が大きすぎたか?

それにしても奇遇だ、MP3プレーヤーでヘビロテ中だったんですよ、リトル・ヴィレッジ。最近UDOの企画担当と以心伝心状態です。

posted by m2 at 22:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

「伝説」は現役でもある。

ボブ・ディランが米英でアルバムチャート1位のニュースが駆け巡った。しかしディランだけじゃない、彼と同様”伝説”と呼ばれるアーティスト達はこんなにも元気で、いいアルバムを出してくる。元気頂きました!

是非試聴してほしかったので、敢えて試聴できる国内盤にリンクしました。輸入盤だと試聴リンクがなかったりするんでね。

るんるんBooker T. / ポテト・ホール
ポテト・ホール
ドライブ・バイ・トラッカーズというサザンロックのバンドとタッグを組んだ”インスト・ロック”アルバム。64歳にしてこのロック魂、それに華を添える様にニール先生の歪みギターが、いつもよりはちょっと控え目に炸裂してます。こういうのをフジロックとかで見たいね。

るんるんMavis Staples / ライヴ:ホープ・アット・ザ・ハイドアウト
ライヴ:ホープ・アット・ザ・ハイドアウト
往年の名曲に、昨年ライ・クーダーと作った(公民権運動について歌った)最新アルバムをからの曲を取り入れたライブ・アクト。ベテランになる程、新譜を出してもライブでは一切取り上げないアーティストが多いなかで、”現在”のメイヴィスをパッケージしたセンスに感服。

るんるんAllen toussaint / ザ・ブライト・ミシシッピ
ザ・ブライト・ミシシッピ
※試聴はここ 1曲だけですが。

ジャズ・スタンダード・カバー集。最近タッグを組む事が多いジョー・ヘンリーがプロデュースで、ピアニストとしてのトゥーサンに焦点を当てている感じ。1曲だけ、21世紀のジャズ・ピアニスト代表ブラッド・メルドーが参加!。

そしてなんと来日公演に合わせてもサイン会!!があるそう。
日時:5月30日(土)14時より
場所:タワーレコード 渋谷店 5F
うーむ、ちょっと仙台からだと遠い・・・。近郊の人が羨ましいぞ。

るんるん J.J.Cale / ロール・オン
ロール・オン
※試聴はここ

Mr.マイペースは相変わらずの枯れ具合。往年のヒット曲『Roll On』の再録もあり。1曲だけ、エリック・”弟子”・クラプトンが参加。
posted by m2 at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

【Bob Dylan】約40年ぶりの快挙!?



ボブ・ディランの新譜がなんと約40年ぶりに英国アルバムチャートで1位を記録したそうだ。「・・ぶり」というよりここ十数年、トラディショナルなフォーク、ブルース、カントリーを追求しているディランのアルバムがセールスとして評価されることの方が驚きです。

るんるんBob Dylan / Together Through Life
Together Through Life




その1位を記録したチャートは「オフィシャルUKチャート・カンパニー」が編集しているそうだが、m2は未熟者ゆえ、そのチャートの知名度やありがたみが全然わかってない。後で英国通のecwhさんに訊いてみるしかないが、どうやら米国ビルボードのアルバムチャートでも1位らしいから、局地的な動きでは無い様ですね。

とりあえず、対抗馬も判らないと1位の凄さも不鮮明になるので20位まで列挙してみた。ビヨンセ、ピンクとかいるね。キング・オブ・レオンも入ってるし、おおーディペッシュ・モードも!ただあまり強力な対抗馬がいないのも1位を後押しした様な形に見えるね。
そしてどういうチャートアクションなのか不明だがキャロル・キングの過去の名盤が20位に!こちらの方がよっぽどニュースだと思うけどな。

Official Charts Company

1:BOB DYLAN/TOGETHER THROUGH LIFE
2:ENEMY/MUSIC FOR THE PEOPLE
3:LADY GAGA/THE FAME
4:BEYONCE/I AM SASHA FIERCE
5:LILY ALLEN/IT'S NOT ME IT'S YOU
6:PINK/FUNHOUSE
7:PRODIGY/INVADERS MUST DIE
8:KINGS OF LEON/ONLY BY THE NIGHT
9:PUSSYCAT DOLLS/DOLL DOMINATION - THE MINI COLLECTION
10:AKON/FREEDOM
11:ANNIE LENNOX/THE COLLECTION
12:DEPECHE MODE/SOUNDS OF THE UNIVERSE
13:CHRIS DE BURGH/FOOTSTEPS
14:JAMES MORRISON/SONGS FOR YOU TRUTHS FOR ME
15:BAT FOR LASHES/TWO SUNS
16:LADYHAWKE/LADYHAWKE
17:TAYLOR SWIFT/FEARLESS
18:ELBOW/THE SELDOM SEEN KID
19:DOVES/KINGDOM OF RUST
20:CAROLE KING/TAPESTRY
posted by m2 at 17:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

【John Scofield】ニューオーリンズ・アルバム完成

久しぶりに毎日記事書いてる様に見えるかもしれんが、実は”書き溜め”たものを時間指定で公開してます。

ジョン・スコフィールド(g)
ジョン・クリアリー(p,vo)
ジョージ・ポーターjr(b)
リッキー・ファター(ds)

posted by m2 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

ニール先生のBOXにも助成金を

来たよ、ついに噂のアーカイブ集が6月発売決定!CD8枚組+DVD10枚組という快挙(暴挙)。ボーナスもちゃんと出るか判らない不景気なさなかに3万円強の資金をどうやってかき集めたものか・・・ETCだけじゃなくてニール先生のBOXにも助成金を!(いやホント、マジで)

DVD10枚
Neil Young Archives 1 (1963-1972) (10pc) [DVD] [Import]
Neil Young Archives 1 (1963-1972) (10pc) [DVD] [Import]


CD8枚
Neil Young Archives, Vol. 1: 1963-1972
Neil Young Archives, Vol. 1: 1963-1972

その上に、新譜まで出しちゃうんだもんな・・・
Fork in the Road
Fork in the Road

最近(4/7)のニール先生
posted by m2 at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

Japan Blues&Soul Carnival'09 Sendai

イベントJapan Blues&Soul Carnival'09 @ Zepp Sendai 5/23(土)

なんと今度はロバート・クレイが仙台にやって来ますぜ。でもお客入るのかな〜心配だな。チケットぴあの宣伝文句が”次世代ギターヒーロー”になってるよ・・いくらブルース系ミュージシャンの息が長いと言っても、もう56歳ですぜ、次世代は無いでしょ。

しかもBlues&Soul Carnivalって謳ってんのにロバート・クレイだけじゃ寂しくないかい?Soulな人も連れてきてほしいな。彼だけでBlues&Soulって言われればそれまでだけど、Carnivalだからな。(無理を承知で)ジョン・オーツ希望!

るんるんRobert Cray/Live at the BBC
Live at the BBC

posted by m2 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。