最近の記事

2011年06月11日

エレカシ ”@仙台rensa 6/3

イベントエレファントカシマシ CONCERT TOUR 2011 “悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜”@仙台rensa 6/3(金)

一週間も前のネタで恐縮です。twitterの手軽さ、ツイート数増加に押し出される様にブログ更新数は激減中。反省、ブログはブログのよさがあるからな・・。

仙台市一番町に今年オープンしたrensa=連鎖、初参戦である。会社から歩いて五分、どうだいいだろ!
ホールはビルの7Fにあるからか、入場待ちの列は1階のアーケイド街に並ばされてた。「宮城エレクトロン東京」列と「RENSA」列があったのは、震災で場所をRENSAに変更した影響みたい。指定席からスタンディングになった方はちょっと不満かもね、俺は当日券参戦だったから関係ないけど。
(最近の仙台ライブ事情は不況なんだな、大抵は当日券がある)

当日はUstでオンエアという情報も入ってきてたので、かなり期待感も高まってたんですが、開場後もなかなか入場できなくて少しイライラ。20人くらいずつエレベータで入場だったので、エライ効率悪くてね。開演が15分遅れたのは俺を含む最後の客が入場できるまで”待ち”だったからですよ、Ustで待ってたみなさん、ごめんなさい。悪いのは全て、主催者(どうみてもチンピラだった)の仕切りが悪かったからです。


肝心のエレカシのできは良かったですよ、さすがにもう20年選手、悪かろう筈がありません。
バンドはサポート2名含めて6人。これは、くるりにも言えることだけど、バンドメンバーが成熟してくると、当初はストロングポイントだった筈のフロントマンのボーカルとかソングライティングが多少足を引っ張る傾向もあり、当人達の試行錯誤も結構大変なんだと思う。でもその苦悩の先にはきっと新しい名曲が待っている筈! 俺は見届けます。

選曲は最新アルバム1曲目の『Moonlight Magic』から。俺らは客電が落ちてから入れられたので、この曲の時は、ベストポジションを確保できず。ちょっとライティングが明るくなった2曲目の時にガガガーーーと前方へ進出。ゴメン、当日券のくせに。
もう5曲目くらいで『悲しみの果てに』が披露され、あくまでも新譜中心のライブなのよ、っていうのが強調された中で、ステージは進む。Ustオンエアっていうのもあって多少気負ってた感もある宮本、敢えてMCでは震災に触れない様にも感じられ、そこに歯がゆさがあったんじゃないかな、と察する。『カストロンジャー』の様な体制批判の急先鋒ともとれる曲は封印、意図は不明、俺はやってほしかった。

悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜
悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 [CD+DVD, Limited Edition] / エレファントカシマシ (CD - 2010)



posted by m2 at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エレカシはすっかりご無沙汰の私ですが、えー、「ガストロンジャー」やらなかったんだ。
こういう時こそやればいいのに・・・
MCでも震災にふれないなんて・・・いろいろ事情があるんですかね?(どんな事情じゃ)

それにしても、職場から徒歩5分のところにライブハウスなんて、うらやましすぎ〜。
Posted by なみねこ at 2011年06月15日 18:20
<なみねこさん>

いいだろー歩いて5分圏内にライブハウス3つありますから!

エレカシの方は宮本なりに色んな事を考慮した結果の行動、セットリストだったんだと思うよ。
Posted by m2⇒なみねこ at 2011年06月18日 14:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。